使い過ぎ 防ぐ工夫

使い過ぎを防ぐ工夫

クレジットカードは大変便利ですが、便利であるがゆえに使いすぎてしまう方もいらっしゃいます。
カード締め日になって使いすぎていたことに気づき青ざめてしまった経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか?
こちらでは、そんな使いすぎを防ぐ工夫についていくつか紹介していきたいと思います。

・限度額設定を低めにしておく
クレジットカードには限度額があり、その金額まで買い物ができるという設定になっています。
使いすぎを防ぐために、この限度額を引き下げておくことをお勧めします。
いくらくらいを限度額にしたらいいかは、皆様のカード利用状況や収入状況などによっても変化してきます。
とりあえず、自分の収入で余裕を持って払えるくらいの限度額にしてみましょう。
その限度額で問題が出てきたり、もっとカードで買い物をするようになったら徐々にあげてみましょう。

・生活必需品以外はカードを使わない
生活に必要なものは現金で支払うようにすることで、無駄遣いを防止するのです。
もちろん、本来でしたらポイントも貯まりますのでカードで購入したほうが絶対にお得なのですが、どうしても使いすぎてしまう方はこうしたほうがいいのです。
しばらくして、使いすぎを自力で抑えることができたら徐々にカード利用の幅を広げていきましょう。

・リボルビング払いは使わない
使いすぎを防止したいというのでしたら、リボルビング払いは絶対に使わないほうがいいとここで断言しておきましょう。
詳しい説明は省きますが、リボルビング払いに慣れてしまいますと金銭感覚が鈍ってしまい、いつの間にか多額のカード支払いを抱え込むなんてことにもなりかねません。
お金の管理が苦手という方はリボルビング払いだけは使わないようにしましょう。

以上の様なことをしても使いすぎてしまうという方は、一度カード利用をやめてみるというのも一つの手です。

↑ PAGE TOP